注:すべてのプレイヤーが新しいリワード体系(後述)でチェストセットの中身を受け取れるよう、パッチ0.9.3が適用される4月1日2時00分まで、一時的にチェストセットの受け取りを無効化します。

 

パッチノート0.9.3では先週お話ししたプログレッションとエコノミーの大幅なアップデートと、多数のカードテキストの明瞭性アップデート、さらにマスターティアのランキングシステムの仕様調整についてお届けします。

開発ノート:ターンタイマーと“ローピング”について
相手を苛立たせるためにターンタイマーを意図的に使い切る行為(通称"ローピング")に関する苦情が寄せられています。私自身も何度かやられましたし、恐らくLoRチームの全員が経験していることなので、これが非常に不愉快な行為であることは私たちも理解しています。開発ノートで、プレイヤーの行動について重点的に扱うことはしないつもり(問題の評価や予防がさらに複雑になる可能性があるので)ですが、この件に関しては問題を把握していることをお伝えするとともに、私たちの考え方を簡単にご説明します。

まず、この行動の発生件数は非常に少ないことがデータで明らかになっています(懸念していたよりも少数でした)。もちろん嫌な体験は記憶に残りやすいものですから、数が少ないからといって問題がないわけではありませんが、機会費用との兼ね合いや、対応策によるメリットとデメリットのバランスを検討する要素のひとつとして参考にしています。現時点では調整項目の候補に入っており、すでに対応策の評価段階に入っています。引き続き監視は続けていますし、必要に応じて変更を加えますのでご安心ください。いつものことですが、皆さんの貴重なご意見に感謝します。これからもフィードバックをお願いします。


エコノミーアップデート

次の概要はエコノミーに関する特集記事からの引用です。変更内容について詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

デザインディレクターのAndrew “Umbrage” Yipがオープンベータの現状報告の記事でお伝えした通り、プログレッションシステムに関しては全体として、多くのポジティブな結果が得られました。しかし、メタを進化させ続けたり、プレイヤーが時間とお金を投資する方法を複数用意するといった特定の目標を達成するために採用した一部の手法は、思っていたほど上手く機能していませんでした。そこで、プログレッションシステムへのプレイヤーの能動的な関与を高めるよう変更を行うことにしました。例えば、無限にレベルアップ可能になったチェストセットから毎週チャンピオンワイルドカードを獲得できるようになったり、1日のXPの上限が撤廃されたり、あらゆるカードを制限なく直接購入できるようになったりします。(繰り返しになりますが、ぜひ記事本文で詳細をご覧ください!)

私たちの目標は「プレイヤーが投資した金額にかかわらず競い合える」ゲームを実現したうえで、「欲しいものを好きなやり方で手に入れられる方法を提供する」ことです。今回の変更によって、プレイヤーはより様々なカードを試すことが可能になり、デッキ構築にかかる時間がより短く、より安定したものになるほか、LoRを新規で始めたり、ブランクを経て復帰する際のハードルを下げることができると考えています。

チェストセット

チェストセットの中身が豪華になり、無制限に獲得できるように

レベル2以上でエクスペディショントークンx1を入手(これまではレベル10以上)
レベル5以上でランダムなチャンピオンカードx1を入手
レベル10以上でチャンピオンワイルドカードx1を入手(レベル5のランダムなチャンピオンカードと置き換え)
レベル13到達後は、4500XPごとに追加のカプセルが上限なしに入手可能に。カプセルにはレアカードx3とコモンカードx2を封入(通常通り、カプセル自体を含めてすべてアップグレードされる可能性あり)
VAULT_vX_03_19_20_SM_optimized
勝利時XP

対人戦とAI戦でXPを上限なく獲得できるように

ノーマル/ランクまたはエクスペディションの対人戦で勝利すると、それぞれ200または100の基本XPを毎回獲得できます。「本日の初勝利」ボーナスも引き続き適用されます。
AI戦で勝利した場合は、最低でも50 XP以上を必ず受け取れるようになります。
1~10勝目:100 XP
11勝目~:50 XP
ワイルドカード&カードの直接購入

ワイルドカードを上限なく購入可能に

一週間ごとの購入可能数の制限が撤廃され、ストア自体に並ばなくなります。
「コレクション」タブ内でコインを使って直接カードを購入できるようになります(コストは同等のワイルドカードとまったく同じです)。

エクスペディション
エクスペディションがもっと気軽に、頻繁にプレイできるように(コストとリワードを約33%引き下げ)

エクスペディションにかかるコストをシャードx2000またはコインx200に変更(これまではシャードx3000またはコインx300)
エクスペディションのリワード内容を変更
0勝:エピックカプセル
エピックカプセルにはエピックx1、レアx2、コモンx2を封入、カプセルを含めてすべてアップグレードされる可能性あり
1勝:エピックカプセル、シャードx100
2勝:エピックカプセル、シャードx200
3勝:エピックカプセル、シャードx200、コモンワイルドカード
4勝:エピックカプセル、シャードx300、コモンワイルドカードx2
5勝:エピックカプセル、シャードx500、レアワイルドカード、コモンワイルドカード
6勝:エピックカプセル、シャードx1000、レアワイルドカード、コモンワイルドカード
7勝:エピックカプセル、シャードx2000、レアワイルドカードx2
補足:
パッチ0.9.3よりも前(つまりコスト引き下げよりも前)に開始したエクスペディションのリワードは、以前のリワード体系に準じます。
エクスペディショントークンのリワード価値低下を補填するため、パッチ0.9.3実装時に、すでに所有しているトークン1つにつきシャードx1000を付与します。
この補填を知らせるポップアップなどは表示されず、シャードの合計に直接追加されるのでご注意ください。

プロローグのリワード調整
プロローグのリワードに若干の変更を加えました。新規プレイヤーは序盤のレベルでより多くのカードに触れられるようになり、ある程度レベルが上がってからジャードを獲得できるようになります。

レベル2のリワードだった「レアワイルドカードとシャードx200」を「エピックワイルドカードとシャードx200」に調整し、レベル9のリワードに移行
レベル3~9のリワードをそれぞれ1レベルずつ繰り下げ、レベル2~8のリワードに

カードアップデート/ 「暗黒の刻」の修正
次のパッチである0.9.4で「暗黒の刻」を変更する予定だったのですが、誤って0.9.2(前回のパッチ)で実装されてしまっていました。しかも一部のプレイヤーが気づいた通り、挙動は変更されているのに、カードテキストはそのままになっていたのです。バランス調整は極力まとめて行いたいと考えているものの、すでに本来の予定も近くなっているので、挙動は変更されたままにして、今回の0.9.3でカードテキストを対応するものに、アップデートすることにしました。

それでは、この調整の理由についてご説明します。私たちは基本的に、相手のチャンピオンを盗んだり、活用したりといったことはできないようにしたいと考えています。LoRはチャンピオンを軸としたデッキ構築をするようデザインされているため、自分のチャンピオンが相手に使われるというのは非常にフラストレーションがたまります。以前の「暗黒の刻」の問題点は、チャンピオンのレベルアップがもたらす恩恵を、そこへ到るまでの投資を経ることなく獲得できてしまう点にありました。この変更によって「暗黒の刻」はゲーム全体のデザイン哲学を守りつつ、自軍ユニットを力尽きさせることで利益を得るというシャドウアイルのテーマを強調できるようになります。

以上を踏まえて、「暗黒の刻」のカードテキストを、味方ユニットだけを蘇生させるよう更新しました。
旧テキスト:このゲーム中に力尽きたユニットのうち、最も強いユニットを6体蘇生させ、それらにエフェメラルを付与する。

新テキスト:このゲーム中に力尽きた味方のうち、最も強いユニットを6体蘇生させ、それらにエフェメラルを付与する。

カードテキストの明瞭性
「オープンベータの現状報告」の記事で触れたように、ゲームの明瞭性には常に改善の余地があり、私たちはこれを終わりなき課題と捉えています。各種カードのテキストがややこしかったり誤解を生んだりするというフィードバックは、ベータ期間中繰り返しいただいてきました。対応の必要性は明らかだったため、私たちはすべてのカードテキストをいったん見直し、特に問題のあるカードに関しては、挙動をより明確に表現するようテキストを改めました。

わかりやすさを向上させるために、以下のカードのテキストを更新しました。
古のイエティ | 闘技場のブックメーカー | アッシュ | レドロスの剣 | 司令官レドロス | コリーナ・ヴェラザ | 真紅の仲介人 | 暁の代弁者 | ドレイヴンのファンボーイ | ドレイヴンの「死の車輪」 | エッグニビア | エリス | 高名な慈善家 | 輝く才気 | ガレンの「ジャッジメント」 | ガレン(レベル2) | 体力ポーション | ハイマーディンガーの「進歩の日!」 | アイスボーンの遺宝 | 星霜の洞察 | 鉄血騎士団の突撃兵 | ジンクス(レベル2) | ご機嫌なポロ | ジャッジメント | カルマ | カルマの「星霜の洞察」 | カタリナ | 人情味ある酒場の主人 | ローラン家の騎兵 | レギオンの戦場漁り | 孤独なポロ | ルシアン(レベル2) | ラックス | ミノタウロスの清算人 | ミストレイス | ノクサスギロチン | ポロのおやつ | 進歩の日! | 浄化 | 氷牙の狼 | 霜牙のシャーマン | 新生の儀式 | ウロコカミツキガメ | 果たし合い | スタティックショック | 不死の亡霊 | エルヌックの群れ | トゥルーショットバラージ | 戦母の呼び声 | 死の車輪 | 運命を紡ぎし石群 | ヤスオ(レベル2)

マスターティア
オープンベータ開始時、レーティングシステムの仕様によって高レベル帯のMMRは非常に早い段階で固定されてしまい、マスターティアのランキングが極端に流動性の低いものとなっていました。そこで取り急ぎシステムに調整を加え、勝敗に基づいてMMRを変動させる余地を増やしたのですが、少々やり過ぎてしまったようで、敗北によるペナルティが大きすぎるという不満が寄せられるようになりました。今回は再び変動幅を小さく抑えるよう(といってもベータ開始当初ほどではありません)に調整を加えます。

マスターティアにおいて、試合結果によるランキングの変動幅を上下ともに低減

エクスペディションのアーキタイプ
影と死者は厳しい戦いを強いられているようなので、「死の刻印」と組み合わせるのにぴったりなカードを追加します。単体でも、自軍の「エフェメラル」ユニットたちが相手の防御を崩すまでの時間を稼ぎやすくなるはずです。

追加:昏き深海の禍
妨害作戦は適切なバランスにありますが、「そよ風の賢者」は現在5種類のアーキタイプに採用されているため、最もフィット感が少ないこのアーキタイプから削除することにしました。

削除:そよ風の賢者

バグ修正
試合を終わらせるバーストスペルをプレイする(例:空のデッキからカードを引こうとする)際にクラッシュしてしまう不具合を修正
バーストスペルの生成と詠唱を繰り返すことで、延々とターンを続けられていた不具合を修正