TFTの追加ギャラクシーはいつリリースになる予定?現在のセットの状況はどう?

新ギャラクシーは毎パッチ追加していきます!ちなみに今週は「トレードセクター」と「超高密度」ギャラクシーを追加しました。「トレードセクター」ギャラクシーでは全プレイヤーに毎ラウンド1回の無料リロール権が付与され、「超高密度」ギャラクシーでは各プレイヤーがレベル5に到達すると自然の力が無料提供されます。

この他、次のパッチでは「ゴールドラッシュ」ギャラクシーを追加予定です。このギャラクシーではすべての中立ユニットが必ずオーブを落とします。ただし「ゴールドラッシュ」ギャラクシーの登場確率は他と比べてずっと低くなる予定です。また現在はドラフトラウンド(通称:回転寿司)に★2チャンピオンを出現させるギャラクシーも試験中です。これら2種類のギャラクシーは現在PBEにてお試しいただけます。

総合的には、「TFT:ギャラクシー」にはリリースから現在までワクワク続きでした(皆さんが楽しんでくれているから、というのが主な理由です)。リリースパッチではガングプランクや一部のレジェンダリーチャンピオンのせいでバタバタとしたものになってしまいましたが、その後の経過を見る限り、状況は良い方向へ推移しているようです。追加されたギャラクシーもうまく機能し、ゲームの新しい遊び方を生み出す役割を果たしてくれました。ギャラクシーが独創的な戦術や手に汗握る試合展開を数多く生み出しているようで嬉しい限りです。現在はさまざまなチーム構成で勝利できる状態であるだけでなく、さまざまな構成に対するカウンター構成も発見されてきており、今回のダークスター ゼラスや新たなギャラクシーがこの勢いをさらに加速してくれることを願っています。また、新しい戦略/楽しいゲームプレイの創出に寄与していないギャラクシーは廃止も考えていますので、今後もぜひ感想をお寄せください!

- Riot Beernana コミュニケーションストラテジスト Riot Mort ゲームデザインリード

フィドルスティックスのアップデートは凄く良かったと思います…が、文字通りの「生きる悪夢」であるノクターンがいるのに、わざわざフィドルスティックスを悪夢的な方向にアップデートした理由は何だったんですか?また、新生フィドルスティックスはダークテーマのチャンピオンに求められる水準を引き上げたように思うのですが、シャコやチョ=ガス、あるいはカーサスがアップデートされる時が来たら、より恐ろしく変貌すると期待してもいいですか?

挙げていただいたチャンピオンのVGU(Visual & Gameplay Update)については、実施の有無、いつ・どのような形になるかを含め現時点では何も言えません。VGUはクリエイティブプロセスがどう進展していくかに大きく左右されますし、それぞれに合理的な実施時期が存在しますから…。ただ、ノクターンとフィドルスティックスの比較については少しお話しできます。実は新生フィドルスティックスプロジェクトのコンセプト出し段階では。ノクターンとの比較について議論を重ねていました。フィドルスティックスとノクターンは恐怖/ホラーという共通項を持ち、スキルセットもそれを支えるように制作されています。両者とも「突然現れて襲ってくる」ため、ホラーテーマとの相性も良好です。

このノクターンとフィドルスティックスの議論の中で、私たちは両者の個性をしっかりと差別化しようと考えました。そして議論を重ねた末に、ノクターンは心理的、フィドルスティックスは物理的な恐怖を追求することにしました。フィドルスティックスは物理的に姿を見せることで恐怖を呼び起こし、目にした者は生き残りをかけて全力で逃げます(逃げ切れる可能性などほぼありませんが)。これは要するに「恐怖映画型」ホラーです。

一方のノクターンは、心理的なホラーが核となっています。獲物の夢を蝕み、ゆっくりと恐怖で染め上げ、じりじりと追い詰めていく。獲物の心を砕き、こぼれ出た恐怖を食らう。ノクターンの怖さはそういう「持続的緊張感型」ホラーに属します。近くにいるのは分かっている…でも一度ヤツが「あのボタン」を押せば画面は暗くなり、ヤツはすぐ横に現れる。それも分かっている。でも、「いつ」そうなるかが分からない…。このようにして心を縛る怖さはフィドルスティックスのそれとは異なります。

ノクターンのVGUに着手する時が来たら、チーム一丸となって最高に恐ろしく仕上げることは約束しますから、その点はどうかご安心ください。果たしてその時は「いつ」やってくるのか…しばらくはこの「持続的緊張感」に悩まされそうです。

- Reav3 チャンピオン部門リードプロデューサー

ルーンテラに新しい大陸を追加/新たな大陸が発見される予定はありますか?ヴァロラン、シュリーマ、アイオニアの外側が気になってしかたありません。他の大陸には一体どんな景色が広がっているんでしょうか?

現時点において、「発見済み」の大陸がルーンテラ全体に占める割合は1/6程度という認識です。既知の三大陸にはまだまだ埋めるべき空白が残っているものの、世界の全貌はまだまだ見えていない、というべきでしょう。

新大陸については、その存在が証明されれば追加となる可能性もあります。ただし、それには私たちが三大陸以外の物語を紡ぎ上げる必要があります。そして、現在のところそのような物語は紡がれていません。

一方で、既知の三大陸外で何かが起きていることは確実です。シュリーマの古代文明の多くは西方からの移民によりもたらされており、これは西の彼方にシュリーマよりも歴史の深い文明が存在する(あるいは存在した)ことを意味します。またニーコの祖先であるヴァスタヤのウーヴィ・キャット族が大きな災厄に襲われ、彼女が現在のイシュタルに落ち延びたのもそれほど昔のことではありません。そしてブレスドアイルの破滅後、ヘカリム、カリスタ、レドロスの本来の故郷である王国がヴァロラン周辺に存在していた明確な証拠は見つかっていません。これは同王国がかつて別の場所に存在した可能性が高いことを示唆しています。

これらの出来事は繋がっているのでしょうか?現時点では確かな事は何も言えません…しかし私たちは今後も調査を続けていきます。その先にある未来がどうなっているかは、今は誰にも分かりません。

- Riot Scathlocke ナラティブエディトリアルディレクター

質問をお持ちの方は、こちらのページからお送りください。