01_Champion_Roadmap_Header

こんにちは!昨年皆さんのVGU投票で選ばれたフィドルスティックスとボリベアがついにリリースとなったので、今回はこの機会にチャンピオンチームの今後の動向について紹介してみたいと思います。本記事ではまず今後のおおまかな方向性、その後に現在開発しているチャンピオン3体の進捗、最後に次のVGUについてお話ししていきます。

アプローチの変化とその背景

年始の「シーズン2020 チャンピオン」動画でもお話しした通り、チームは今年の年末まで新チャンピオンの開発に注力していきます。2018年頃には、完全なリワークを必要とするチャンピオン(スウェインやイレリア、ヌヌ&ウィルンプなど)が多数存在していました。私たちはそんな彼らを現在の品質水準まで引き上げるべくリソースを集中させてきたわけですが、あれから12体のチャンピオンにアップデートがなされた今、VGU必須と思われるチャンピオンはおおよそカバーできたのではないかと考えています。改善の余地があるチャンピオンはまだまだ存在しますが、彼らを改善する余地がこれまでのVGU対象たちと比較して小さくなってきた、とも言い換えられるでしょう。そうしてチームは、チャンピオンに対する総合的な戦略を見直す必要に迫られました。

02_Nunu_Willump.jpg

たとえば最近よく意識するようになった事のひとつに、新チャンピオンのロール(ポジション)とLoLにおける存在目的があります。私たちが新チャンピオンをリリースし続ける最大の理由は皆さんに新たなゲームプレイ要素を提供し、より深く遊び込んでもらえるようにすることです。新チャンピオンは多くのプレイヤーにとってLoLのミニ拡張パックのような存在であり、リリース直後の新チャンピオンは毎回かなり高いプレイ率を記録します。そして新チャンピオンを入手しないプレイヤーにとっても、チャンピオンが増えれば結果的に学ぶべきことや極めるべきことが広がります。

このため私たちは、新チャンピオンをロールごとに毎年1体以上リリースし続けることが重要だと考えています。すべてのプレイヤーに新チャンピオンを試す機会を提供できれば、それがやがて得意チャンピオン(あるいはメインチャンピオン)になる可能性もありますから。この目標を達成するには、年に6体以上の新チャンピオンをリリースするよう努めること(具体的にはミッドレーンに2体、それ以外のポジションに1体ずつを目標とすること)が重要になります。なお、ミッドレーンの目標数が多いのはミッドがLoLで最も人気の高いポジションであり、同じミッドレーンでもアサシンプレイヤーが求めるものとメイジプレイヤーが求めるものは大きく異なるためです。メイジとアサシンを好んで使うプレイヤーは非常に多いので、それぞれの層に向けて毎年1体ずつ新チャンピオンをリリースすることを目指していきます。

もちろん目標を達成したいからといって品質基準を満たさないチャンピオンをリリースするつもりはないので、目標達成が叶わない場合もあるかもしれませんが、2020年はこの目標を目指して開発を進めていきます。

また、VGUも速度は落ちますが並行して進めていきます。リリースから年月を経たチャンピオンたちを、(願わくば)愛して使ってくれているプレイヤーたちをワクワクさせるような形で現代の品質基準へ引き上げることはとても重要です。この記事の後半でも「好きなところへ行く」ことで知られるあのチャンピオンのVGUを発表しています。

それでは前置きはこのくらいにして、さっそく今年登場予定の新チャンピオン3体について見ていきましょう。

03_Pull_Up_a_Mat.jpg

夢を漂う新ジャングラー

04_Forest.jpg

ジャングラーの皆さんはずいぶん長いこと新チャンピオンの登場を心待ちにしてきましたが、ようやくその希望が花を咲かせる時が近づいてきました!前回のお知らせでもお話しした通り、新ジャングラーをアサシンにするかスカーミッシャーにするかはチーム内でも意見が割れていました。しかし夢の霧が晴れた時…そこには戦場を跳ね回る中距離系スカーミッシャーの姿がありました。

おっと、これ以上は何も言えません!ただもしかすると…うまくやれば…彼女を見つけることができるかもしれませんから試してみましょうか。彼女はとても用心深いので、物音は立てないようにしてくださいね。驚かせれば即座に飛び退いて姿を隠してしまいます。そして私たちの視界はかすみはじめ…もやがかかり…時間の流れが遅くなったように感じ…ハッ!いけない!ここで眠るわけには…でも…こんなに暖かで心地よいと…眠って…しま…

ZzZzZzZzZz…

05_Jungler_Tease.gif

幽体離脱

ハッ!?いつの間に寝てしまったんだ?これは…夢?最後に覚えているのは紫色の煙と何者かが走り去る音だけ…。

この場所は一体…?私の中に暗い何かが眠っているのを感じる。抑え込めてはいるようだけれど…。遠くに仮面の者が見える…あれは…私?

武器が2つある。ひとつは私が、他方は私の中の「何か」が持っている。湧き上がる怒りが、ひんやりとした鋼鉄のように冷えていく。その刹那、霊的な力が私を引き寄せる。その先には仮面の者。引っ張っているのは…私なのか?引く力はやがて強くなり、私の潜在意識が肉体へと引き寄せられ、急速に加速した次の瞬間——

全身を衝撃が襲う!

06_Assassin_Tease.jpg

今起きた事は一体…?まるで異世界から抜け出してきたような気分です。それともあれは大昔の物語だったのでしょうか…?とはいえ、ようやく戻ってこられたようなのでロードマップに戻るとしましょう。

このジャングラーの後には、新アサシンのリリースが控えています。この2体とは来月開催される夏のビッグイベントで邂逅することとなるでしょう。

07_Summer_Event.jpg

スリルの探求者たちへ

危険の中でこそ笑いがこぼれる。スキルを組み合わせて新しいコンボを作るのが好きだ。戦場へ我先にと飛び込んで刃や弾丸を撒き散らし、ギリギリの体力で脱出するのが好きだ…。

08_Marksman_Tease.gif

上記のひとつでも該当する方、朗報です。この新チャンピオンはきっとお気に入りになります。敵を倒すことに特化した装備で全身を固めた新マークスマン、今年後半登場予定です。

「好きなところへ行く」VGU

次のVGU候補は…お察しの通り、「ゾウンの狂人」ドクター・ムンドです。なお、プロジェクトはまだ最初期段階にありリリースも2021年予定なので、先述のマークスマンとドクター・ムンドのVGUの間には新チャンピオンが数体リリースされることになる見込みです。

従来よりもかなり早いタイミングでの発表となりましたが、これは前回のフィドルスティックスとボリベアの開発ブログを皆さんがとても楽しんでくださったことを踏まえ、ドクター・ムンドについても同様にやってみようと考えたからです。今回はまだVGUの詳細を紹介できませんが、来週にはゲームプレイ/ナラティブ/アートのそれぞれについて最初期段階の模索案を紹介する専用記事を投稿する予定ですので、どうぞお楽しみに。

09_Yes_Mundo_Can.jpg

終わりに

今回お話ししたいことはこれで以上です。しかし新ジャングラーが見つけられなかったのは残念です…あれは実に奇妙な体験でした。次回のロードマップでは見つからないよう気を引き締めていきます。なお、次回は「各ロールに新チャンピオン1体」の目標達成を目指し、開発中の新チャンピオン2体…とっておきのメイジと超ヘビータンク系サポートについて取り上げる予定です。

また昨年の大成功を受け、「チャンピオンアップデート対象を選ぼう」企画をもう一度実施予定です。こちらは今年後半から来年初旬を予定していますので、続報をお待ちください。

チーム一同、新チャンピオンたちを実際にプレイしてもらえる日が今から待ち遠しくてたまりません。それではまた、次回お会いしましょう!