TFT_Patch_11.11_Highlights_v2_Twitter_JA

システム

ユーザーインタフェース(UI)とユーザーエクスペリエンス(UX)にバフ

 ついに来ました。 
  • アイテムレシピ機能が拡張され、アイテムを右クリック/タップした後にマウスカーソルをホバーさせると各完成アイテムと効果を確認できるようになりました
  • マナを持たないチャンピオンにブルーバフ/常闇のブルーバフを装備させようとすると飛び出るようになりました
  • PC版ジ=ロット ポータルのアイコン強調色が緑から紫に変更されました。これでもうシャドウアイテムとは間違えません

ショップ出現率(通常/ハイパーロール)

 要約:★3を目指すならティア2はレベル6、ティア3はレベル7でリロールするのが最適です。
レベル6、7のショップ出現率に明確な違いを持たせるための変更です。 
  • レベル6:35/35/25/5/0% ⇒ 25/40/30/5/0%
  • レベル7:19/35/30/15/1% ⇒ 19/30/35/15/1%

ドラフトラウンドのシャドウアイテム出現率

 不気味なアイテムには独特の楽しさがあるもの。出現率を上昇させたので存分にお楽しみください。 
  • シャドウアイテム1個:10% ⇒ 0%
  • シャドウアイテム2 個:75% ⇒ 70%
  • シャドウアイテム3個:10% ⇒ 25%
  • シャドウアイテム4個:5% ⇒ 5%(変更なし)

オーブ(通常/ハイパーロール)

 最序盤でニーコが助ける!を引くのは「アタリ」と感じられるべきですが、実際には「ハズレ」の印象が強くなっています。これはショップにティア2~3ユニットがおらず、即座に使用して換金できない場合は特に顕著です。そこでゴールドの代わりにチャンピオンがドロップするように変更し、「アタリ」感を高めました。即座に使って換金するか、終盤戦に向けて温存しておくかはあなた次第です。 
  • ゴールドの出現率を若干下げ、同価値のチャンピオン出現率を上げました。選択肢が増えるため、優れた判断力を持つプレイヤーにとってはバフとなるでしょう。
  • 青色オーブ:ニーコが助ける!+ 2G(確率8%) ⇒ ニーコが助ける!+ ティア2チャンピオン1体(確率6%)/ニーコが助ける!+ ティア3チャンピオン1体(確率2%)

特性

 「死を喰らう者」は猛進してきて敵後衛を叩き潰す存在…のはずでしたが、現状は突撃して「激昂」を一発放った後は(混沌のペング主催のメタルコンサートに飛び込んだポップアイドルみたいに)1v5で袋叩きにされる状態です。

怪物といえば…現在は序~中盤のスカーミッシャーですよね。我々はこの怪物を打ち倒すため、特性ボーナスのシールドを固定値から最大体力比率に変更しました。この変更は★1スカーミッシャーユニットにとってはナーフ、★2にとっては同程度、★3にとってはバフになります。

また今パッチでは物理防御/魔法防御の低減効果にナーフ(ティア5とアイテムの変更内容を参照)を加えているため、現在でも強すぎるナイト(6)が一層猛威を振るうことになってしまいます。そこで彼らの頑強な鎧を少しばかり脆くしておきました。 
  • アボミネーション - 「死を喰らうもの」激昂の詠唱時間を25%短縮
  • アボミネーション - 「死を喰らうもの」基本体力:1000/1400/1800 ⇒ 1000/1600/2200
  • アボミネーション - 「死を喰らうもの」★レベルあたりの増加体力:100/140/180 ⇒ 100/160/220
  • アボミネーション - 「死を喰らうもの」攻撃力:100/150/200 ⇒ 100/160/220
  • アボミネーション - 「死を喰らうもの」★レベルあたりの増加攻撃力:10/15/20 ⇒ 10/16/22
  • 忘れ去られし者 - 増加攻撃力/魔力:30/70/160 ⇒ 30/70/140
  • ナイト - ダメージ軽減量:15/40/90 ⇒ 15/40/80
  • スカーミッシャー - シールド量:300/600 ⇒ 最大体力の20/40%
  • スペルウィーバー - 魔力:20/60 ⇒ 20/50
  • スペルウィーバー - スキル発動1回あたりの増加魔力:2/6 ⇒ 2/5

チャンピオン

ティア1

 ウディアはパッチ11.9の状態とパッチ11.10で入れたバフの中間点がバランスの取れた状態だと考えています。 
  • ウディア - 「野生の本能(猛虎の型)」攻撃力:130/140/200% ⇒ 120/130/180%
  • ブラッドミア - 「吸血」ダメージ:250/350/450 ⇒ 300/420/540

ティア2

 チャンピオンの魔力反映率に対するナーフは避けたいと考えているのですが、トランドルの場合はドラゴンスレイヤー特性との相性があまりにも良く、相手の防御ステータスに関係なく一撃で倒せるような状況が生じていました。このため今回のパッチでは魔力の有効性とスキル発動頻度を下げています。
そしてルブラン…私たちはまたしても彼女に騙されてしまったようです。エーテルチェーンのように連鎖が止まらない彼女のパッチノート登場はこれで3回連続です。 
  • ルブラン - 「エーテルチェイン」スタン効果時間:1.5/2/2.5秒 ⇒ 2秒
  • ルブラン - 「エーテルチェイン」ダメージ:200/300/600 ⇒ 200/250/500
  • セジュアニ - 「極北の激憤」増加物理防御/魔法防御:60/120/300 ⇒ 100/150/300
  • ソラカ - 最大マナ:30/80 ⇒ 30/70
  • トランドル - 「暴虐なる搾取」魔力反映率:100% ⇒ 50%
  • トランドル - 「暴虐なる搾取」ステータス吸収の効果時間:6秒 ⇒ 8秒
  • ヴァルス - 「聖なる矢雨」攻撃時の追加魔法ダメージ:40/60/100 ⇒ 40/60/90

ティア3

 真のスパルタ兵のごとく敵全軍の攻撃を一手に引き受けるタンクとして活躍しているパンテオン。でもドラゴンスレイヤーはスパルタ兵ではないので、今パッチでは彼にそのことを思い出してもらいました。 
  • ルル - 「イタズラ」増加攻撃速度:70/80/100% ⇒ 70/80/120%
  • モルガナ - 体力:800 ⇒ 850
  • モルガナ - 初期マナ:60/120 ⇒ 80/120
  • パンテオン - 「イージスの猛攻」ダメージ軽減率:75/80/90% ⇒ 65%
  • ニダリー - 回避/クリティカル攻撃後の追加ダメージ:100/150/375 ⇒ 120/180/450
  • リヴェン - 「暁の剣」増加攻撃力:90/100/130% ⇒ 90/100/150%

ティア4

 「レコニング」はこれまでのところティア4キャリーの独壇場となっていました。そして「これまで」と書いたからには今後は変わるのが必然。ただし活躍度が特に低かったティア4キャリー(悲劇のアフェリオスに笑顔を!)にはバフを加え、デイジーに水やりをして生長を促しました。 
  • アフェリオス - 攻撃力:70 ⇒ 75
  • ドレイヴン - 「回転斬斧」攻撃力反映率:180/200/260% ⇒ 160/170/340%
  • ドレイヴン - 「回転斬斧」追加ダメージ:150/200/500 ⇒ 150/200/800
  • アイバーン - デイジーの★レベルがアイバーンに合わせて上昇するよう修正
  • アイバーン - ★レベルが上昇してもデイジーの体力は上がらず、攻撃力が増加する
  • アイバーン - デイジーの衝撃波ダメージとスタン効果時間が★レベルに応じて上昇するよう修正(これまでは常に★1の数値だった)
  • カルマ - 「魂の劫火」ダメージ:180/240/700 ⇒ 200/250/600
  • ジャックス -「パワーストライク」増加攻撃速度:30/35/50% ⇒ 20/25/60%
  • モルデカイザー - 最大マナ:0/70 ⇒ 0/80
  • ヴェル=コズ - 「生体破壊光線」ダメージ:1000/1250/4000 ⇒ 900/1150/4000

ティア5

 要約:ダリウスにバフ、ガレンにバランス調整。
防御低減効果は強すぎる一方で、終盤戦においては「見えない強さ」のように作用していました。そこで今回の変更ではゴッドキングたちの防御低減効果を下げ、その分を別の要素に振り分けています。内容はガレンにとってはバランス調整、ダリウスにとっては総合的なバフとなっています。また終盤戦で安定発動する防御低減手段が消えることになるので、アイアンクラッドとミスティックは相対的に価値が上がることになるでしょう。 
  • ダリウス - 初期マナ:30/100 ⇒ 40/100
  • ダリウス - 「神狼の襲撃」物理防御低減量:70% ⇒ 50%
  • ダリウス - 「神狼の襲撃」物理防御低減効果時間:10秒 ⇒ 8秒
  • ダリウス - 「神狼の襲撃」発動後の攻撃時回復量:10% ⇒ 15/20/50%
  • ダリウス - 「神狼の襲撃」発動後の攻撃時回復回数:3/4/10 ⇒ 2
  • ダリウス - 「神狼の襲撃」攻撃力反映比率:160/200/2000% ⇒ 180/220/2000%
  • ガレン - 初期マナ:30/100 ⇒ 40/100
  • ガレン - 「神獅子の正義」魔法防御低減量:70% ⇒ 50%
  • ガレン - 「神獅子の正義」魔法防御低減効果時間:10秒 ⇒ 8秒
  • ハイマーディンガー - 「アップグレード!!」ダメージ:400/600/7777 ⇒ 500/650/7777
  • ケイル - 体力:700 ⇒ 500
  • ボリベア - 初期マナ:80/200 ⇒ 100/200

アイテム

 前回のパッチ同様、使用率の低いアイテムの一部にバフを加えています。特にアークエンジェル スタッフと不滅の大悪魔の杖の伸びっぷりといったら…私のTwitterアカウントの比じゃありません。またリスクサースターは一層リスキーになり、デスブレードも初期スタック数が上がって切れ味上昇。ファイナル ウィスパーもこれでようやく(Finally)スポットライトが当たりそうです。
またリワークにより仲間にもスペルシールドを張るようになった報復のトラップ クロウもぜひ一度試してみてください。 
  • アークエンジェル スタッフ - ツールチップ:増加魔力の計算対象となる魔力を明示するように変更
  • アークエンジェル スタッフ - マナ比率:35% ⇒ 40%
  • 不滅の大悪魔の杖 - マナ比率:300% ⇒ 350%
  • リスクサースター - 増加攻撃速度の効果時間:3秒 ⇒ 4秒
  • デスブレード/腐敗のデスブレード - 初期スタック数:3 ⇒ 4
  • 不滅のヘクステック ガンブレード - 回復効果の対象:最も近くにいて体力が減少している味方 ⇒ 残り体力の比率が最も低い味方
  • ファイナル ウィスパー - 物理防御/魔法防御低減量:50% ⇒ 70%
  • リデンプション - 減少体力の回復率:25% ⇒ 20%
  • スタティック シヴ/スタティック スティレット - 魔法防御低減率:70% ⇒ 50%
  • 報復のトラップ クロウ - リワーク:戦闘開始時に自身および横列1マス以内にいる味方が、最初に敵から受けるスキルをブロックするシールドを獲得する

バグ修正

  • クレッドが戦闘開始時効果を受けてからシールドを獲得するよう修正(力の聖杯の効果などを適切に受けるため)
  • リデンプションの回復量が戦闘データパネルのシールド/回復に反映されるよう修正
  • シャドウアイテムによる自身へのダメージで巨人の誓いのスタックが貯まらなくなるよう修正。自分を大事にしよう!
  • ロード画面でハイパーロールには当てはまらないツールチップが表示されていた問題を修正
  • 物理ダメージ系スキルを持つチャンピオンのスキルに対し、トラップクロウが発動するにもかかわらずダメージを防いでいなかった問題を修正(対象:エイトロックス、アフェリオス、ジャックス、カリスタ、セト、ヴァルス)
  • ジ=ロット ポータルの創造物がヴィエゴに魂を穢された場合に、正しいステータス・効果を持つよう修正
  • 限られた状況において、インヴォーカーの特性が発動していないにもかかわらず効果が生じることがあった問題を修正
  • カリスタの「貫魂の一投」が、自身が倒れた場合に命中しなくなっていた問題を修正。我らは復讐の化身!
  • 味方トランドルの「暴虐なる搾取」の効果が、敵トランドルの「暴虐なる搾取」の効果を受けている最中に切れると、味方トランドルがラウンド終了まで不死になっていた問題を修正
  • スレッシュの「死の宣告」が命中した状態で敵レヴェナントユニットが蘇生に入った場合に、蘇生中も引き寄せ効果が続いていた問題を修正
  • スレッシュが「死の宣告」で対象を引き寄せるのを止めた瞬間からマナ獲得を再開するよう修正
  • トランドルが不死状態になることがあった問題を修正。さすがトロール
  • トランドルの「暴虐なる搾取」が対象の体力を正しく低下させない場合があった問題を修正。まさにトロール