Patch_11.12_Infographic_JA

チャンピオン

アップデート

ドクター・ムンド

ゾウンの狂人

 新生ドクター・ムンドとともに、すべての患者を“治療”し、気の向くままにサモナーズリフトを巡りましょう! 
 ドクター・ムンドのレガシースキンは、パッチ11.12およびパッチ11.13の期間限定でストアにて購入可能です。 

アフェリオス

基本魔法防御とレベルアップごとの攻撃力が増加。

 アフェリオスの変更点リストは数字だらけなので、できる限り詳しく説明しましょう──初めにお伝えしておきますが、アフェリオスは強化されます! 彼は単純な勝率、そしてプロシーンにおける存在感についてもスランプに陥っているため、手助けが必要だと考えました。そこで基本ステータス及びあまり使われていない武器の組み合わせに強化を施し、その代わり明らかに多用されている組み合わせのパワーを低下させました。インファーナムとセヴェラムをオフハンド武器として利用するメリットを増加させることで、全体的に極端な差がなくなり、どの武器であれ十分に敵を倒せると感じられるようになるはずです。 

基本ステータス

魔法防御 26  30
レベルアップごとの攻撃力 2.4  3

Q - セヴェラム、鎌型ピストル

最大通常攻撃回数 6(増加攻撃速度33%ごとに+1)  6(増加攻撃速度50%ごとに+1)
通常攻撃時ダメージ 10~30(+増加攻撃力の21%~30%)  10~40(+増加攻撃力の20%~35%)
通常攻撃による体力回復量 3%~20%(チャンピオンレベル1~18)  3%~10%(チャンピオンレベル1~18)
スキルによる体力回復量 3%~20%(チャンピオンレベル1~18)  9%~30%(チャンピオンレベル1~18)

Q - クレッシェンダム、チャクラム

セントリーのダメージ 25~85(+増加攻撃力の35%~50%)  31~100(+増加攻撃力の40%~60%)

ドレイヴン

Qの追加ダメージが増加。

 過去のシーズンよりも序盤のコアビルド完成時に得られる攻撃力が低下していることから、ドレイヴンは……いえ、そもそもドレイヴンらしさが足りていないようです。そこで刃の切れ味を高め、ファンの期待に応えられるようにしました。 

Q - 回転斬斧

追加ダメージ 35/40/45/50/55(+増加攻撃力の65/75/85/95/105%)  40/45/50/55/60(+増加攻撃力の70/80/90/100/110%)

ナー

基本攻撃力が減少。

 この獣の赤ちゃんは未だに駄々をこねて暴れまわっており、その脅威度とハラス能力のポテンシャルには誰もが手を焼いているようです。そこで序盤のレーン戦におけるパワーを少し下げ、対戦相手が一息付くための(そしてナーのブーメランを避けるための)余裕を持たせました。 

基本ステータス

攻撃力 59  57

ヘカリム

基本物理防御が上昇。Qのダメージ反映率が上昇。

 ジョークではありません──前回のパッチの時点でヘカリムは強化を必要としていましたが、それは今でも変わっていないようです。Qをさらに強化し、パッチ11.9で行われた弱体化の一部を元に戻しました。思う存分、戦場を駆け巡りましょう! 

基本ステータス

物理防御 32  35

Q - ランページ

ダメージ反映率 増加攻撃力の75%  増加攻撃力の85%

イラオイ

レベルアップごとの基本マナが上昇。

 イラオイはほかのファイターよりもマナの総量が少ないことから、終盤戦になるとマナが不足しがちです。そのため、マナを使って素早くプッシュすべきか、挑戦者を迎え撃つ準備をすべきかで慎重にバランスを取らなければならないという、辛い状況に置かれていました。この問題を解決するため、マナの上昇量を増加させました。 

基本ステータス

レベルアップごとのマナ 40  50

ジャーヴァンⅣ

Wのクールダウンが短縮。

 ジャーヴァンは戦闘の序盤で体力を消耗してしまいがちなので、長く持ちこたえて仲間を守り続けられるようにしました。 

W - ゴールデンイージス

クールダウン 12秒  9秒

カイ=サ

Qのクールダウンが低スキルレベルで延長。

 この恐れ知らずの捕食者は、プロシーンそのものを餌食にしているようです。ウェーブコントロール能力を低下させることで序盤のパワーを引き下げつつ、対戦相手が反撃できる機会も増やしました。 

Q - イカシアの雨

クールダウン 8/7.5/7/6.5/6秒  10/9/8/7/6秒

マルファイト

Wの通常攻撃時ダメージが増加。

 マルファイトは現状、岩というよりも発砲スチロールのようです。パッチ11.11での「ブランブル ベスト」の弱体化もあり、どん底にいると言ってよいでしょう。レーン戦のダメージトレードを強化するため、「W – サンダークラップ」の重みを(まさにマルファイト自身の如く)加えました。 

W - サンダークラップ

通常攻撃時ダメージ 10/20/30/40/50(+物理防御の10%)  15/25/35/45/55(+物理防御の15%)

ラムス

Wの基本増加物理防御が増加。Rのクールダウンが短縮。

 ラムスの最良の友が「ブランブル ベスト」であったことは周知の事実であり、パッチ11.11での「ブランブル ベスト」の弱体化により、彼の気分がトゲトゲしくなっているとしても驚きはないでしょう。そんな彼をなだめるため、この“アーマージロ”の物理防御を増加させてジャンプできる回数を増やし、ライバルの周りを回り続けられるようにしました。 

W - かたくなる

基本増加物理防御 30  40

R - どーんどーん

クールダウン 130/110/90秒  110/95/80秒

ナサス

固有スキルのライフスティールが低下。

 ナサスはパッチ11.11の「ディヴァイン サンダラー」の強化により、平均的なスキルレベル帯では(文字通り)トップに躍り出ており、延々とレーンに居残ってファームし続けることができています。こうした状況に対処するために、ミニオンに手軽にアクセスできる際に得られるライフスティールの量を低下させました。 

固有スキル - ソウルイーター

ライフスティール 12/18/24%(チャンピオンレベル1/7/13)  10/16/22%(チャンピオンレベル1/7/13)

レネクトン

Qのチャンピオン以外からの回復量が低下。

 このワニはプロシーンで大暴れしています。彼はリソースを必要としないサステインとウェーブクリアを持つためにレーン戦においてほとんどの対戦相手を無効化でき、さらには目標をクリックするだけの簡単なスタンで戦闘を強要できてしまうのです。この問題に対処するため、回復量を低下させることにしました。 

Q - ミートカット

チャンピオン以外からの回復量 3/4/5/6/7(+増加攻撃力の4%)  2/3/4/5/6(+増加攻撃力の3%)
強化時のチャンピオン以外からの回復量 9/12/15/18/21(+増加攻撃力の12%)  6/9/12/15/18(+増加攻撃力の9%)

タロン

Wの往路ダメージが低下、復路ダメージが増加。

 パッチ11.10での弱体化以降、タロンは見事に復活し、エリートのスキルレベル帯では以前と同じくらいの強さを発揮しているようです。そこで今回はWの往路のダメージを下げつつ、全体的なダメージの伸びも少しだけ低下させることで、さらなる弱体化を図りました。その埋め合わせとして、比較的かわしやすい「W – 飛燕手裏剣」の復路のダメージを少し増加させてもいます。 

W - 飛燕手裏剣

往路ダメージ 45/60/75/90/105(+増加攻撃力の55%)  40/50/60/70/80(+増加攻撃力の40%)
復路ダメージ 45/70/95/120/145(+増加攻撃力の70%)  50/80/110/140/170(+増加攻撃力の80%)

ウディア

Rの扇状範囲のダメージが低下。

 タンク不死鳥ウディアがプロシーンで大暴れしているようです。そこでタンクビルドでのダメージは抑えつつ、代わりに魔力ビルドにおける不死鳥の型のパワーは増加させました。 

R - 不死鳥の型

扇状範囲のダメージ 60/110/160/210/260/310(魔力の70%)  50/95/140/185/230/275(魔力の80%)

ヴァルス

Wの最大追加ダメージが低下。

 パッチ11.4でのWの強化によって脅威ビルドがとくに強力になっているため、元に戻すことにしました。 

W - 枯死の矢筒

対象の減少体力に応じた最大追加ダメージ 10.8/14.4/18/21.6/25.2%  9/12/15/18/21%

ウーコン

レベルアップごとの基本攻撃力が低下。Qのダメージ反映率が低下。

 パッチ11.11で「ディヴァイン サンダラー」と「ブラック クリーバー」が強化される前の時点で、ウーコンは十分に強い状態にありました。コアアイテムの強化が彼にとって有利に働くことは自明でしたが、具体的にどれぐらい強くなるのかは分かっていませんでした。それが判明した今、強くなった分だけパワーを低下させたいと思います。 

基本ステータス

レベルアップごとの基本攻撃力 4  3.5

Q - 強棒打

ダメージ反映率 増加攻撃力の50%  増加攻撃力の45%

ジグス

Qの基本ダメージが高スキルレベルで増加。Rの弾速が増加。

 ジグスは最近あまり活躍できていないので、彼への 爆弾 ご褒美としてQの強化を施し、中盤戦のパワースパイクを高めました。さらに、アルティメットスキルの弾速を大幅に向上する強化を施しています。これで遠距離から使用した際に命中させやすくなり、集団戦における強力な範囲ダメージが強化されることでしょう。 

Q - バウンドボム

基本ダメージ 85/130/175/220/265  85/135/185/235/285

R - メガインフェルノボム

弾速 1550  2250(最小移動時間1.2秒)

バグ修正/利便性(QoL)の変更

  • 伝統的な衣装カルマのスキルのビジュアルエフェクトの色を調整
  • 「フロストファイア ガントレット」購入時のバトルキャスト スカーナーのボイスオーバーが復活
  • 自動効果「岩より固く」で防いだダメージが正しくカウントされるように「ワーデンメイル」と「ランデュイン オーメン」のツールチップを修正
  • 「ブラック クリーバー」が正しくゲーム内ショップの「移動」タブに表示されるようになりました
  • グラガスのW - 飲みすぎ注意が「マナフローバンド」と「女神の涙」を適切に発動させるようになりました
  • ポッピーのW - ステッドファストが「ストライドブレイカー」の自動効果「ホルティング スラッシュ」に対して適切に機能するようになりました
  • バロンナッシャーが出現してから数秒以内にその近くにいたときに、トランドルの固有スキル - 王への貢物が発動しないようになりました
  • 倒れた味方が同じタワーを攻撃している味方の「打ちこわし」のスタックを追加しないようになりました