Patch_11.15_Infographic_JA_v2

結集せし光の番人

 クライアント内のストーリー体験「結集せし光の番人」の進行速度が遅いというご意見をいただきました。ですので、次のチャプターからはゲームをプレイするだけで追加のポイントを獲得でき、何度でも繰り返すことができる新しいミッションを追加します。また、これはTFTでも一部適用されます。

注:このミッションはイベント途中での追加となったためミッションログには表示されません。ただし、対象となる試合をプレイするたびに達成されるので成果はすぐに体感できます。 
新たなミッション サモナーズリフト、ランダムミッド、アルティメットスペルブック、チームファイト タクティクス(ハイパーロールを除く)のいずれかでマッチメイキングの試合を1回プレイすると、報酬として「結集せし光の番人」イベントのポイントが600ポイント付与されます。このミッションは制限回数のない繰り返し型ミッションで、ミッションログには表示されません。
開始時期 「結集せし光の番人:チャプター3」のリリース時

チャンピオン

アニー

Qのダメージ反映率が低下。

 ちっちゃな放火魔とクマさんのコンビが高スキルレベル帯で敵を圧倒しているようです! アニーは射程の短いチャンピオンを相手にするのが得意ですが、そのマッチアップの機会が増えた今、瞬間火力とレーンにおけるハラス性能を低下させることにしました。 

Q - ファイアボール

ダメージ反映率 魔力の80%  魔力の75%

オレリオン・ソル

Qのクールダウンを延長。

 オレリオン・ソルはエリートのスキルレベル帯で一線を越えかけていましたが、とうとう爪がかかってしまったようです。それに合わせて、適切にペースを落としました。 

Q - 星の胎動

クールダウン 11/10/9/8/7秒  12/11/10/9/8秒

ブリッツクランク

基本物理防御とQのダメージが増加。

 ブリッツクランクは試合序盤から中盤にかけてダメージを出せていないようです。その派手な拳のことを考えると、当たったときのインパクトはもっと大きくて良いはずです。彼の派手な拳は、当たったら強烈な一撃が加えられるべきでしょう。また全体的に磨きをかけるため、ボディの金属の厚みを増やしました。 

基本ステータス

物理防御 37  40

Q - ロケットグラブ

ダメージ 70/120/170/220/270(+魔力の100%)  90/140/190/240/290(+魔力の120%)

ケイトリン

Qのダメージ反映率が高スキルレベルで上昇。

 このピルトーヴァーの保安官が現在のマークスマンメタを乗り切るには少し応援が必要そうです。Qのスキルレベルを最初に上げるビルドで勝率が上がっているため、その強化量を増やしてメリットを高めることにしました。 

Q - ピースメーカー

ダメージ反映率攻撃力の130/140/150/160/170%攻撃力の130/145/160/175/190%

カシオペア

Eの強化時の基本ダメージが増加。

 カシオペアはかつてレーンの覇者でしたが、年を追うごとに“序盤戦は辛抱強くファームし、ダメージを出せるようになるまで待つ”ゲームプレイへと変わってきました。今回の変更により、序盤のレーン戦でQを当てることができれば、これまでよりも有利に戦いを進められるようになるはずです。 

E - ツインファング

強化時の基本ダメージ 10/30/50/70/90  20/40/60/80/100

グウェン

Eの増加攻撃速度が低スキルレベルで減少。

 大きなハサミと高い基本ステータスを併せ持つグウェンは、もっとも厄介な相性の相手ですらも容易に切って返すことができています。レベル1での切りつけ速度を低下させることで、想定されている彼女の弱点を明確化しました。 

E - スキップスラッシュ

増加攻撃速度 40/50/60/70/80%  20/35/50/65/80%

イレリア

Wのダメージ反映率が低下、ダメージ軽減率が高スキルレベルで低下。

 パッチ11.14の調整によってイレリアは強くなってしまいましたが、今後のバランス調整を考えればかなり良い状態になったとも言えるでしょう。長期的に見てどのような位置に落ち着くのかを注視していきますが、今回はひとまずWのパワーを抑制しました。 

W - 不屈の舞

ダメージ反映率 攻撃力の50%(最大で攻撃力の150%)  攻撃力の40%(最大で攻撃力の120%)
ダメージ軽減率 物理ダメージの40%~80%、魔法ダメージの20%~40%(チャンピオンレベル1~18)  物理ダメージの40%~70%、魔法ダメージの20%~35%(チャンピオンレベル1~18)

ケイル

基本魔法防御が低下。

 ケイルはミッドレーンにおいて、パワースパイクに到達するまで地に足をつけて宙に浮いて持ちこたえられる安全なピックとなっています。基本魔法防御を低下させれば、対戦相手が序盤戦という彼女の弱点を突くチャンスも増えるはずです。 

基本ステータス

基本魔法防御 30  26

ケネン

Qのダメージが増加。

 ケネンはすべてのスキルレベル帯で苦戦しており、ここしばらく姿を見せていませんでした。主要スキルを強化することで、(チクリと刺すような攻撃ではなく)嵐のごとき一撃だと感じられるようにしました。 

Q - 雷遁手裏剣

ダメージ 75/115/155195/235(+魔力の75%)  85/130/175/220/265(+魔力の80%)

モルデカイザー

Wのクールダウンが短縮、与ダメージから蓄えられた軽減前ダメージが増加。

 この鋼の魂奪者はトップレーンにここ最近現れるファイターたちと対等にやり合えず苦戦しているため、レーン戦や試合全体を通して力を発揮できるよう耐久力を高めました。 

W - 不滅の鎧

クールダウン 14/13/12/11/10秒  12/11/10/9/8秒
与ダメージから蓄えられた軽減前ダメージ 35%  45%

ニダリー

基本体力とレベルアップごとの体力が増加。

 その獰猛さで知られるニダリーですが、最近はあらゆるスキルレベル帯でおとなしくなってしまっています。体力を増やせば獲物に対してクーガー形態で挑む不安も減り、彼女を使い始めたばかりのプレイヤーでも使いやすく感じられるようになるはずです。 

基本ステータス

体力 545(チャンピオンレベル1)  570(チャンピオンレベル1)
レベルアップごとの体力 85  95

レル

Wのクールダウンが短縮。

 レルはとくに長引いた戦闘においてフルコンボを決め続けられれば敵に混乱と怒りをもたらせるチャンピオンですが、全スキルレベル帯で弱い状態になっているようです。パッチ11.5にて行った弱体化を元に戻すことで、彼女が敵を踏み付けつつ戦闘を耐え抜き、再び騎馬状態となってそれを繰り返せるようにしました。 

W - フェロマンシー

クールダウン 13秒  11秒

ランブル

ランブルのヒートシステムの様々なバグの修正とQoLの調整!

 パッチ11.13での変更で残ってしまったランブルのオーバーヒートシステムに関連するいくつかの腹立たしいバグを修正しました。これらの修正によって不自然に感じられる部分が解消され、トリスティをより快適に操縦できるようになるでしょう。 

固有スキル - ポンコツタイタン

アップデートヒート減少のバグ修正 ヒートの減少が始まるまでの時間が4秒ではなく、変動することがあった不具合を修正しました
NEWオーバーヒートチェック 以前は100ヒートになってから「オーバーヒート」するまでに少し時間があり、その間に複数のスキルを使用できていましたが、今後は即座に「オーバーヒート」するようになります
アップデートショップの「元に戻す」操作のバグ修正 ショップで購入したものを「元に戻す」操作を行っても、ヒートが直前の値に戻らなくなりました
アップデートツールチップ 「オーバーヒート」の効果時間が正しく5.25秒として表示されるようになりました(実際の「オーバーヒート」の効果時間には変更はありません)

E - エレクトロハープーン

アップデート射程外のバグ修正 「エレクトロハープーン」を非常に遠距離で使用した際に移動が停止しなくなりました

シヴァーナ

Qのクールダウンが低スキルレベルで短縮、ダメージ反映率が上昇。

 シヴァーナには1ポイントワンダー(スキルレベル1で十分役立つ)なスキルを強化する余地があるため、Qにバフをかけてクリアスピードを高め、敵に噛み付く力を強めました。また、攻撃力ビルドと魔力ビルドの両方でメリットを得られるよう、魔力反映率の補填も行っています。 

Q - ツインバイト

クールダウン 9/8/7/6/5秒  7/6.5/6/5.5/5秒
1回目の通常攻撃のダメージ反映率 魔力の25%  魔力の35%(攻撃力反映率は変更なし)
2回目の通常攻撃のダメージ反映率 魔力の15%  魔力の25%(攻撃力反映率は変更なし)

サイラス

Qの爆発ダメージが増加。Wの回復量が低下。

 サイラスは現状、戦闘を通しての回復性能がやや高すぎるようで、長期戦に持ち込んだ際に敵の不意をつくことがしばしばあり、万能デュエリストとも呼べる状態にあります。サステインは彼のキットにおいて重要な要素ですが、とはいえ対戦相手もその鎧に綻びを見つけられるべきでしょう。そこでパワーの一部をサステインから鎖に移し、長期戦で有利になりすぎないようにしつつ、当てにくいスキルを決められれば勝利を掴めるようにもしました。 

Q - 鎖の鞭

爆発ダメージ 60/115/170/225/280(+魔力の80%)  70/125/180/230/290(+魔力の90%)

W - 王殺し

回復量 30/60/90/120/150(+魔力の45%)  25/50/75/100/125(+魔力の40%)
最大回復量 60/120/180/240/300(+魔力の90%)  50/100/150/200/250(+魔力の80%)

シンドラ

Qのコストが低スキルレベルで減少。

 シンドラのパッチ10.13におけるマナ弱体化はプロの試合の勝率を下げることが狙いでしたが、効果はそこそこあり、序盤に苦しい状態が発生していました。プロシーンでの存在感が低下してきたためこの変更を元に戻し、将来的に再び問題を生じさせた場合は別の対応方法を模索することにしました。 

Q - ダークスフィア

マナコスト 60/65/70/75/80マナ  40/50/60/70/80マナ

スレッシュ

Eのクールダウンが延長。

 スレッシュは危険な状態に陥った仲間を救う様々なツールを持っており、耐久力の低い味方を敵から引き離すことを得意としています。最近はプロシーンにおいて圧倒的な存在となっているので、Eの稼働時間に焦点を当ててパワーを低下させました。 

E - 絶望の鎖

クールダウン 11/10.5/10/9.5/9秒  13/12.25/11.5/10.75/10秒

ヴィエゴ

Qの基本ダメージが低下、モンスターに対する追加ダメージが増加、マークしたミニオンに対するダメージからの回復量が低下。

 パッチ11.13で調整を施したにもかかわらず、ヴィエゴは相変わらずソロレーンやジャングルの人気ピックとなっています。そこでソロレーンのパワーに狙いを定めてさらなる弱体化を行いつつ、長期的によりバランスの取れた状態となることを期待して、モンスターに対するダメージを補填しました。 

Q - 滅びの王剣

基本ダメージ 25/40/55/70/85  15/30/45/60/75
モンスターに対する追加ダメージ 10  20
マークしたミニオンに対するダメージからの回復量 50%  10%

ウーコン

基本体力自動回復が低下。

 ウーコンは敵からダメージを受けてもレーンで体力を維持することが可能となっています。そのサステインを下げることで、デュエリストとしての強さは残しつつ、傷を癒すためにかかる時間を長くしました。 

基本ステータス

体力自動回復 4  2.5

ザヤ

Rのクールダウンが短縮。

 ザヤはマークスマンの群れの中で遅れをとっているようです。少し刺激を与えてやれば、大きく羽ばたいてくれることでしょう。 

R - フェザーストーム

クールダウン 160/145/130秒  140/120/100秒

アイテム

ハルブレイカー

「ハルブレイカー」は試合が終盤に差し掛かった際に強化の余地があります。独りで敵を倒したいチャンピオン向けに耐久力を増加させました。

「乗船部隊」による増加防御力 20~45の増加物理防御と増加魔法防御(チャンピオンレベル9~18)  20~60の増加物理防御と増加魔法防御(チャンピオンレベル9~18)
「乗船部隊」によるミニオンの増加防御力 60~135の増加物理防御と増加魔法防御(チャンピオンレベル9~18)  60~180の増加物理防御と増加魔法防御(チャンピオンレベル9~18)

アルティメット スペルブックのアップデート

アルティメットサモナースペルの候補リスト

NEWマルファイトのRR - アンストッパブル・フォースが増加スキルヘイストは0、反映率が80%で利用可能になります
削除トリンダメアのR R - 不死の憤激は削除されました

チャンピオンの強化

バード 与ダメージ +5%、被ダメージ -5%

チャンピオンの弱体化

ジャックス 被ダメージ +5%
トランドル 被ダメージ +5%
ユーミ 与ダメージ -5%、回復量とシールド量 -20%  与ダメージ -5%、回復量とシールド量 -25%

アルティメットサモナースペルの強化

ミス・フォーチュンのR 80%の攻撃力/魔力反映率  100%の攻撃力/魔力反映率
ジンのR 増加スキルヘイスト 35  増加スキルヘイスト 45
エズリアルのR 80%の攻撃力/魔力反映率  90%の攻撃力/魔力反映率
ラックスのR 80%の攻撃力/魔力反映率  90%の攻撃力/魔力反映率
ゼラスのR 90%の攻撃力/魔力反映率  100%の攻撃力/魔力反映率

アルティメットサモナースペルの弱体化

オラフのR 増加スキルヘイスト 10  増加スキルヘイスト 0

バグ修正、その他

  • ステルスチャンピオンにはステルスアルティメットサモナースペルが提供されるようになりました
  • 分身がアルティメットサモナースペルのアイコンを含み、体力バーアイコンを正しくコピーするようになりました。この修正は幅広く適用されます(例:「オムニストーン」が正しくアイコンをコピーするようになります)
  • ファーストブラッドゴールドがクラシックなサモナーリフトの値に正しく一致するようになりました(150ゴールド  100ゴールド)
  • ドラゴンソウルの復活がチャンピオンの復活後に発動するようになりました
  • 滅びのドラゴンをスティールした際のアナウンスのテキストが間違っていた不具合を修正しました
  • ボリベアが噛みつこうとした際に、アルティメットサモナースペルでときどき飛翔物を吐き出すことがなくなりました

マッチメイキング

  • アルティメット スペルブックキューのマッチメイキングのシードをやり直しました! これによってスキルレベルの近いプレイヤーとマッチングされやすくなります。この修正は前回のパッチの最中に行われていましたが、重要なのでここで言及しておきます。

サモナーズリフト ランクスプリット3が開始

 ランク戦のスプリット3は日本時間8月9日15時59分よりスタートします! 勝利してトップを目指し、アクシャンのサモナーアイコン、アクシャンのエモート、シリーズ1エターナルカプセルなどの限定褒賞を手に入れましょう。 

Clash開始

  • 霊峰ターゴン Clash:霊峰ターゴンをテーマにしたClashの2度目のトーナメントは7月24日と25日に開催されます。2度目の週末に向けたチーム結成は7月19日から可能になります。
  • バンドルシティ Clash:バンドルシティをテーマにしたClashの最初のトーナメントは8月7日と8日に開催されます。最初の週末に向けたチーム結成は8月2日から可能になります。2度目の週末のトーナメントはパッチ11.16期間中の開催となります。

バグ修正/利便性(QoL)の変更

  • ノーチラスのベーススキン、深海底の主ノーチラス、地底の支配者ノーチラス、地底の支配者ノーチラス、アストロノーチラス、天地の破壊者ノーチラスでリコールの効果音が再生されるようになりました
  • ケインのEの効果音がループする際に弾けるノイズが発生していた不具合を修正
  • ケインの変身時のグローバル効果音が味方と敵の両方で再生されるように
  • オデッセイ ケインのダンスミュージックが固有のサウンドに
  • ケインのWの命中時効果音が固有のサウンドに
  • ケインのリコールの効果音が固有のサウンドに
  • ケインの変身時の効果音がローカルプレイヤーにはステレオで再生されるように
  • リリアのQ - 花開く風の増加移動速度がルーンの魔力で増加していなかった不具合を修正
  • ノクターンの固有スキル - 夢幻斬がペットから正しくすべての回復量を回復するようになりました
  • イラオイのQ - 触手の鉄槌を使用直後に別のコマンドを入力してもアニメーションがロックされなくなりました。
  • シャコのQ - 幻惑のオレンジの煙のビジュアルエフェクトが敵の視点からも戦場の霧越しに正しく適用されるようになりました。
  • クレッドおよびその全スキンでWの音声の内容のひとつが復元されました
  • 略奪者クレッドで騎乗時と非騎乗時の音声の内容が正しく切り替わるようになりました
  • ヴィエゴがデマーシアではなく、シャドウアイルのボイスインタラクションに反応するようになりました
  • ゾーイのエズリアルとラックスに対する挑発の音声の内容が復元されました
  • True Damage セナのスキン独自の音声の内容が復元されました